アパート・マンションの水漏れ(漏水)事故の原因と対策

アパート・マンションの水漏れ事故は、建物の劣化と被害住戸の住人の退去の原因にもなります。それを防止するために、定期的なチェックを行いましょう。

天井から漏水

水漏れ 対処のポイント

水漏れの2大要因は下記の通りです。

全自動洗濯機の水道のジョイントからの水漏れ

水道蛇口用のニップルの取り付けによって、蛇口からの水漏れを防止します。

全自動洗濯機の給水ホースがワンタッチで取付できるように、水栓側に取付けるニップルです。洗濯機付属のドライバーで付ける口金での取付けに比べ、手軽で確実に取付けでき、漏水への信頼性が大幅にUPします。

給排水管の老朽化

老朽化した水道管

給排水管の老朽化による漏水は、目に見えないので盲点となりやすいです。

一般的に給排水管の寿命は諸説ありますが、だいたい15年~25年のようです。但し、築年数・管の材質・水の使用量・水質などにより給水管内部の状況は様々です。

 

現在のビル・マンション等で主に使用されている給水管の材質は、硬質塩化ビニルライニング鋼管で、耐食性があり、管の内部に塩化ビニルのコーティング処理がなされている為、直管部分に錆が発生しにくい構造になっています。

しかしながら、管と管の継手部は鉄部が露出し、錆が発生します。

ここ数年の建築物におきましては、錆防止の為に継手部分にコア(樹脂製の突起物のようなもの)を内蔵し、鉄部が露出しないような対策をしていますが、築15年以上(コアが開発される前)の建物は多く存在しており、又、コアを使用していても施工上の問題で、錆の発生する事例も多く見受けられます。

水道から赤さび

建物の中に隠れている状態の給水管は、錆の発生・内部の腐食・汚れの付着が日々進行していますが、実際の生活には支障がないため、入居者の方から、ある日を境に、赤水や水漏れのトラブルが報告されるまで、手付かずの状態です。

入居者にとって、生活していく上で欠かせない「水」。

オーナー様にとっても「漏水」による建物の侵食は大きなデメリットです。トラブルが発生する前に、建物内の「水路」である給水管の現状を知る事が、マンション管理・運営には不可欠です。

アップルなら

  1. 洗濯機用の「蛇口ニップル」の設置をおすすめいたします。
  2. アップルでは、水道管(給排水管)の無料点検ができます。

アップルでは、給排水管の無料点検ができます。

ファイバースコープで水道管の劣化状況を実際にオーナー様の目で、映像としてみることが出来ます。

給排水管の点検

劣化状況に応じて、対応をご提案することが可能です。劣化しきってしまう前の、措置が後の被害防止、多額の給排水管の交換費用の節減につながります。

水漏れの予防や対処についてお困りの方はアップルにご相談ください。

お問合せフォーム
賃貸マンション・アパートのオーナー様、大家さんへ
ご所有の賃貸物件の管理会社の変更、空室の入居促進、リフォーム(リノベーション)の相談は下記ボタンからお気軽にご連絡ください。
賃貸管理のお悩み
賃貸管理ドットコム

コメント

タイトルとURLをコピーしました